読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第二十回

フレディマーキュリーはなぜあんなに生き生きと伴奏と踊っているかのように歌えるのだろうか。なんて思いながらクイーン聴いています。

さて今日の記録です。

八時半起床。通勤電車でハンニバル行き帰り一本づつ見れることがわかりました。

明日もやっていこう。

今日のお仕事は非常に退屈で辛かったです。また業務委託の形で受けるかもしれない仕事の説明も受けました。やれないことは無いだろうけどこれでいいのだろうかと将来への不安は募る。

 

密造酒の作り方をを知り興味を持つ。やってみようかななんて妄想。法は触れたくないよね。

明日もバイト。退屈で死なないように頑張ろう。

絵をやらなければならないのですが正直ほとんど時間がありません。これ描き終わって23時だとして描けても一時間か…でもその諦めない姿勢が本気度の持続につながるよね。

 

今日のポエムのコーナーです。

今日も書くことが無いなと感じるのですがなんやかんややってきているので今日で書くことがないというのはやめます。絵もきっと同じだね。

 

なぜか一人歩く帰り道、その場に座り込みたくなる。

すべて消えてしまえばいいとも思う。

暗闇に一人悪夢の中にいるような孤独感。

それでも我々の時計は止まらない。一歩一歩家に歩いていかなければならない。

我々は暗闇の中に生きるすべを見出さねばならない。

 

絵をやる気も薄れて布団に泣きつきたい気分ですが頑張っちゃうぞ!